トップページ > ピックアップ > 2018年9月期ミニディスクロージャー

2018年9月期ミニディスクロージャー

MINI DISCLOSURE2018

2018年9月期ミニディスクロージャー

ごあいさつ

皆さまには平素より鹿児島興業信用組合に格別なご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

本年も、平成30年度9月期の業務内容を取りまとめた「MINI DISCLOSURE 2018」を作成いたしました。

つきましては、本誌をご高覧賜り、当組合に対するご理解をさらに深めていただければ幸甚に存じます。

さて、平成30年度上期におきましては、皆さまのニーズにお応えする商品・金融サービスの迅速な提供と、経営の健全化に向けて諸施策に取り組んでまいりました結果、当期純利益は1億6百万円を計上いたしましたほか、経営の健全性を示す指標である自己資本比率も9.09%と国内行基準の4%を上回りました。

平成30年度下期におきましても、“ちかくにいるから チカラになれる”身近な金融機関として、金融仲介機能をさらに強化し、地域の発展に貢献できるよう、役職員一丸となって邁進してまいりますので、今後ともご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

鹿児島興業信用組合
理事長 滿田 學

業績ハイライト

金融仲介機能のベンチマーク

金融仲介機能のベンチマーク

こうしんの取り組みを紹介

地方創生に関する取り組み

地方創生に関する取り組み

こうしんは、取引先へのコンサルティング機能をさらに強化し、販路開拓サポート等の本業支援に取り組んでいます。
今後も、かごしまの魅力ある資源の活用やブランド化を目指す事業を支援し、地域経済の活性化に努めてまいります。

定住促進で連携協定(曽於市)

定住促進で連携協定(曽於市)

曽於市が進める定住施策促進に向けた連携協定を締結。地域に住宅を新築する若年層(20歳~40歳以下)を対象に所得要件や融資期間を緩和した「長期住宅資金」の取扱いを開始しました。

鹿児島国際大学連携事業

鹿児島国際大学連携事業

鹿児島国際大学の学生のほか、地元事業者(照国表 参道商店街事業者)、こうしん職員合せて23名が参加し、 照国表参道商店街を歩き、魅力や課題の掘り起こしへ若 者ならではの視点を生かした取り組み策を提言し、商店 街の事業活性化へ貢献しました。

児童施設への寄附

児童施設への寄附

こうしんは、「しんくみピーターパンカード」のこども基金を活用し、毎年、児童施設への支援を行っています。本年は児童養護施設「慈光園」の子供たちを、鹿児島ユナイテッドFCのサッカー観戦に招待しました。

「県内金融機関対抗フットサル大会」参加

「県内金融機関対抗フットサル大会」参加

「出会い・ふれあい・企業対抗運動会」参加

「出会い・ふれあい・企業対抗運動会」参加

収支報告その他

トップへ戻る