トップページ > 採用情報 > スタッフインタビュー > 谷山支店 営業担当 樋原 秀彦

鹿児島興行信用組合

こうしんでは、
前向きでチャレンジ精神のあるあなたを
待っています!

こうしんの組合概要 >

募集要項 >

「培ってきたネットワーク」×「新しい風」
鹿児島に『こうしん』の風を巻き起こそう

谷山支店 営業担当 樋原 秀彦
(2011年入組)

キャリア

入組→ 国分支店(4年)→ 谷山支店(現在に至る)

Why KOUSHIN

だったら鹿児島で就職しよう

スタッフインタビュー

全国展開している県外企業から内定はいただいていました。

ただ、心に引っかかったのが全国転勤だったんです。生まれ育った鹿児島の店舗にいつ配属されるかわからない。遅かれ早かれ鹿児島で暮らすつもりだったので、それだったら最初から県内企業に就職しようと思い、鹿児島興業信用組合に入組を決めました。

大学の学科とサークルが同じだった先輩が働いていたことも大きな動機になりました。

あとはカレンダー通り休めるというのも魅力でしたね(笑)

About my work

「命の次に大切なお金」に『信頼』をプラス

スタッフインタビュー

「命の次に大切なお金を扱っている」という先輩から叩き込まれた言葉を胸に、お客様の売上金の集金や、預金や融資のほか保険や個人国債といったお客様にあった金融商品の提案をしています。

どこの金融機関でもお金の価値は一緒です。私たちはそれに「信頼」という付加価値をいかに付けられるかを考え、日々の業務に励んでおります。

また、農業、畜産業、製造業、小売業などいろんな業種の方とお話しができるのも私たちの仕事の特徴です。多種多様なジャンルの方とお話しをすることで自分の幅を広げることができますよ。

Enjoyment of work

ビジネスマッチングでWin-Win-Winの関係構築

スタッフインタビュー

やりがいを感じるのはお客様同士のビジネスマッチングができたときです。

事業で使う4トントラックの買い替えを検討していたお客様に、私が担当している自動車ディーラーの方を紹介いたしました。
その後にも下見に同行し、相談を受けながら、無事購入を決めていただき、私としても大口の融資をさせていただきました。
自分の担当しているどちらのお客様にとってもいい形となりましたし、鹿児島興業信用組合としても地域に貢献でき、Win-Win-Winの関係を築くことが出来ました。

見積りを作って「はい、おわり」という関係を当組合は望みません。
お客様にネットワークを最大限に活かした提案ができるのも、地域に深く根付く企業ならではだと思います。

Message

鹿児島の歴史ある企業に新しい風を

スタッフインタビュー

※所属および記事内容は、取材当時のものです。

支店は少数精鋭で相談しやすい環境であるのも魅力の一つです。
私のいる谷山支店では、上司が新聞の記事をピックアップしてくれ、それをお客様との商談に使用するなど、先輩がサポートしてくれます。
シビアな職種というイメージが強いと思いますが、新入社員をバックアップ体制は整っています。安心して飛び込んで下さい。

昭和28年設立の歴史ある企業です。鹿児島の地域経済に新しい風を吹かせてくれる皆さんを待っています。

何より人に喜ばれるということは想像以上に嬉しいことです。それを皆さんに感じていただきたいです。

トップへ戻る